ブログ

盛和塾札幌2月自主勉強会

2011/02/15

昨日、盛和塾札幌自主勉強会が、ノボテルで開催されました。
参加者はオブザーバ含め37名。
内容は昨年の12月15日の盛和塾東日本地区合同例会で、稲盛塾長が話されたDVDを皆で鑑賞しました。
(12月16日のブログ「盛和塾東京塾長例会に行きました」から4話にわたり書いてあります。ご興味のある方は読んでみて下さい)
改めて聴くと、また違った部分が聞こえてきました。
特に「今一生懸命に働いている社員が、ここで働いていて良かったと思える会社にしなければならない」という部分が心に響きました。
「縁あって、人生をかけて働いてくれている社員を幸せにしなくて、何のための会社なんだ」と改めて思いました。
また、
日本の99%は中小企業、素晴らしい中小企業が出てこないと、日本に活力が出ない!
今の大企業は、戦後の焼け野原から出来あがった。
今の中小企業はそこまでの努力をしているのか、戦後の意欲があれば出来る。
という言葉もあらためて、心に刻まれました。
「企業というのは、社長が自分自身で守るしかない」で結ばれました。
その後、懇親会になり、20人ほどで熱い議論が繰り広げられました。
議題は
「この塾の教えを実践すると、経営者の心が高まり、会社の経営は向上するのがわかっているのに、なぜやらない会社があるのか?」
でした。
私の出した結論は、一言で言うと「実践するのは大変だから」です。
しかし、社員のため、お客様のため、社会貢献のためという利他の心をもてば、必ず実践できると信じて、今後も続けていきたいと思っています。
この日を境に、盛和塾札幌は益々熱く素晴らしい会になりそうな予感を感じさせる、今までに無い、白熱した自主勉強会でした。
今後、参加するのが益々楽しみになってきました。ワクワクです。
会社の業績を伸ばす事に興味のある方は、ぜひ参加してみて下さい。

ブログ一覧に戻る