ブログ

何のために厳しい道を選ぶのか?

2012/05/08

4月19日、盛和塾札幌分科会がありました。
テーマは「自らを追い込んで仕事をする」
では自らを追い込んで仕事をするという事は、辛く厳しい事である。
では何のために自分を追い込んで、辛い思いをしてまで、やりとげなければならないのか?
それにどのような価値があるのか?
それに従業員がついて来るためには?
このような議題でした。
色々な意見は出ましたが、
結論は
「人間は小さい生き物、ヒマしてるとロクな事考えないし、ロクな事やらない。余裕が自分をダメにする。だから一生懸命働いて、魂を磨いて人生を全うする」
そのような結論でした。
しかしその辛く厳しい事に立ち向かう時は、絶対に「人のため」がモチベーションになるのではないでしょうか?
「利己が動機は燃え尽きます」
追伸:いつもおいしいおにぎりと豚汁を差し入れしてくれる「ありんこ様」
本当にありがとうございます。
NCM_0178.jpg

ブログ一覧に戻る