ブログ

「経営での真の勇気とは何?」

2012/05/08

先日、盛和塾のソウルメイトの皆さまでの勉強会での話題で、こんな事が出ていましたので、経営者方々の参考になればと思い、書かせて頂きます。
勇気とはどんな場面で必要か?
一般的には、「行った事の無い所に一人で行く」「知らない人に話しかける」とか?
定義としては
「未知の事にチャレンジする事」
それに勇気は必要のような気がします。
では、経営における、
決断や勇気は、
一体どのような場面で必要となるのでしょうか?
ソウルメイトから出た、経験の上で勇気が必要であった場面です。
次のような意見が出ました。
「クレームが来た時に、処理に行くとき」
「新しい事業をやる時」
「事業を止める時、撤退する時」
「会社の方向性を決める時」
「今は楽していたのに、もう一度苦労に飛び込む時」
「拡大しようと決める時」
「高い目標を掲げる時」
等でした。
これらを自分なりにまとめてみました。
経営する時に勇気を必要とする場面は
「高い目標を掲げ、達成させると言い切って、実行すると決めて、とことん行動する事」
これをできる人が真の勇気のある人ではないかと思いました。
経営者は孤独と言われています。
こんな話しを塾生のソウルメイトは話しています。
ご興味のある方は、一緒に勉強しませんか?

ブログ一覧に戻る