ブログ

北海道アグリビジネスの有機栽培②

2010/12/30

世の中には特別な酵素があります。その1つをご紹介します。
ある酵素を牛の飼料に混ぜると、まず牛が健康になり肉牛なら肉がおいしくなり、乳牛なら牛乳がおいしくなり、しかも、糞尿の匂いが消えるというのです。
田舎にいくとすごい匂いがすることがあります。
それは出た糞尿を発酵させて、たい肥にするときの匂いです。
その理由は通常60度程度で発酵させます。
60度の温度を加えると、3大栄養素の1つ、窒素の成分が飛んでしまうので、そこに無くなった窒素の化学肥料を混ぜて、肥料を作るらしいのです。これが肥料つくりの現状のようです。
しかし、この酵素を摂取した牛の糞尿は30度で発酵するらしく、そうすると栄養素が飛ばないので、化学肥料を混ぜなくても良いのです。
すると有機栽培が可能になり、土壌改善につながるらしいのです。
この酵素は牛で効果を発揮するのは証明済ですが、なんと!鳥も効果が確認されはじめているようです。
という記事を以前に書きました。その続編です。
この話を聞いた私は、酵素の社長に
「田舎の余っている1000坪ほどの土地に鶏を飼って、おいしい卵と鶏肉を食べたい」
と申し出ました。
すると、「ある機関の調査が必要」と言われました。
その機関とは、何と「気象庁」。
ここが風の流れ等を観測して、結果が出なければ、許可が出ないらしいのです。
理由は鳥インフルエンザです。
そこで気象庁にお願いして、その土地の気象を調べることになりました。
しばらくして、帰ってきた答えが
「まず見積もりを出します」でした。
「へーっ、気象庁ってお金とるんだー」。
またひとつ勉強になりました。
見積もり金額が出たら、皆様にお知らせします。
気になる方、楽しみにしていてください。

ブログ一覧に戻る