ブログ

児童会館の新聞を子どもたちと一緒に②

2010/12/11

11月25日のブログの続編です。
桑園児童会館の先生より
「会館通信の原稿がそろったので、編集委員の子と当社に来たい」
というメールが入っていました。
「了解です。ではその子たちのフルネームを教えて下さい」
と伝え2名の名前を聞き出し、来社の日を待ちました。
どうして名前を聞いたかといいますと、この2人に名刺を作ってプレゼントするためです。
社会見学で来る子に対し、当社慣例「自分の名刺を自分で作る」は大変好評で、自分の名刺を手にする、どの子も目を丸くして驚いた次に、すごく喜んでもらえます。
約束の昨日、児童会館通信の編集委員のかわいい2人が来社したので、当社の名刺のひな型に、あらかじめ2人の名前を入れておいたデータのパソコンの前に2人を座らせ、操作を説明し、印刷をしてもらいました。
PC100149.jpgのサムネール画像
予想どおり、大喜び、大成功ー。
先生が「みんなに自慢したらー」というと、
生徒は「イヤだー、秘密にしたいー」と、自分たちだけの秘密にしたかったようでした。
その後、工場の見学。これも食い入るように印刷機の中を覗き込んで、不思議そうに眺めていました。
最後に、この2人に
「君たちの作った原稿を、たくさんの大人が色々な作業をして通信に仕上げるんだよ。だから一生懸命に作ってね、私たちも一生懸命印刷するからね。そして、来なかった人たちにも、この事を伝えてね」と言いました。
今回立ち上がった編集委員会が、今後も楽しく一生懸命に作業をする子どもたちで盛り上がる委員会になって欲しいと心から願っています。
みんな頑張って、良い紙面を作ってね。

ブログ一覧に戻る